専門学校お茶の水スクールオブビジネスロゴ

簿記の資格は何に役に立つ?取得するメリットを解説

「簿記は役に立つから資格を取っておくと良い」とよく言われます。しかし、具体的に何に役立ち、どのようなメリットがあるのか詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

簿記の資格は、経理の仕事や経営、個人事業などさまざまな場面で役に立つ資格です。

この記事では、簿記の資格が何に役立つのか詳しく紹介します。簿記の資格に興味がある方や、自分の仕事に簿記を活かせるのか知りたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

簿記の資格があると役に立つ?

簿記の資格があると、就職や転職、キャリアアップなど多くの場面で有能な人材であることを証明することができます。経理などの専門部署で働いていない人でも、簿記の知識を得ることで、決算書類を読む力や企業を分析する力を身に付けられるので、簿記資格は幅広い職種で活かすことができるのです。

簿記の資格には、基本的な商業簿記の知識から、税理士試験の受験資格が得られる高いレベルまであります。活用目的によって、身につける知識や受験するレベルが変わるので、あなたにあった簿記の資格を取得しましょう。

簿記の資格は何に役立つ?メリットは?

ここでは、簿記の資格がどのような場面や状況で何に役立つのか、メリットを含めて解説します。簿記の資格は、以下の場面で役立ちます。

・就職や転職

・企業での経理や財務業務

・自営業や個人事業主の経営

・税理士や会計士を目指す

それぞれ解説します。

就職や転職でアピールできる

簿記の資格を持つ人は、ビジネスの経理業務において即戦力として評価されます。特に、企業の経理部門や税理士、会計事務所などでは、簿記の知識を持った人材が重宝される場合が多いです。

簿記2級以上の資格は、高度な商業簿記や工業簿記、原価計算ができ、財務諸表の正確な読み取りなどができる知識があることを示しています。また、簿記1級になると、一部上場している大企業などの経理業務に対応できるレベルです。

そのため、履歴書や面接で簿記の資格や実務経歴をアピールできれば、就職や転職活動を有利に進められるでしょう。

企業での経理や財務業務で活かせる

企業の経理業務や財務業務では、資金の出入りを正確に管理しなければなりません。経理部門では伝票や入出金、財務諸表、企業の財産管理などの把握を行い、財務部門では予算や金融関連の分析、資金管理などを行います。

上記のような業務は、簿記2級以上の知識が欠かせません。高度な簿記の資格を取得しておけば、企業資金の複雑な動きに対応でき、効率的な資金管理に活かせるでしょう。

簿記の資格を持つことであなたの活躍の幅が広がり、知識を活かしたやりがいのある仕事に携われます。

自営業や個人事業主の経営で活かせる

企業の経理部門だけでなく、自営業や個人事業主としてビジネスをする場合も、簿記の知識は役に立つでしょう。

会社員は、予算・資金計画や業績評価、決算書の作成、確定申告などの経理業務を会社側で行ってもらえます。しかし、自営業や個人事業主は、資金に関わる業務もすべて自分で行わなければなりません。

簿記の知識が不足していると、帳簿のつけ方を間違えたり、確定申告の準備が遅れたりする可能性があります。また、高額な費用を払って弁護士に経理業務を依頼する場合もあるでしょう。

こうした場合、最低限の簿記の知識があれば、必要な作業を自分自身で行うことが可能です。不要な手間や費用、効率の悪い作業を回避できます。また、簿記の資格は経営状況の分析や改善にも活用できるため、会社に属していなくても保有しておきたい資格です。

税理士や会計士を目指す際の基礎になる

税務業務を担当する税理士や、財務諸表監査の専門家である会計士を目指したい方にとって、簿記の資格は役立ちます。

税理士や会計士の受験資格には、学識や職歴などの条件があります。その中に、簿記1級に合格しているという資格条件が選択肢のうちの1つとして用意されています。

つまり簿記1級を取得していれば、受験資格の1つを満たすことができるので、合格に近づくわけです。

将来的に、税理士や会計士を目指したい場合は簿記1級を取得していることはメリットです。簿記の資格を取得してみるのも良いでしょう。

簿記の資格は様々なところで役立つ

ここまで「簿記の資格は何に役に立つのか?」をテーマに解説しました。

簿記は、経理や会計、財務に関する仕事で役に立つ資格であり、商業や工業の簿記知識を身につけられます。この資格は、「経理部門などへの就職や転職」「企業経営」「日常の資金管理」「難関の国家資格を目指すとき」など多くの場面で有利に働きます。

簿記2級以上になると、より高い知識とスキルが求められるため、1~2級の資格を取得できれば、今よりも対応できる業務の幅が広がるでしょう。ハイレベルの簿記知識を持つ人材は、あらゆる場面で重宝されるため、ぜひ資格取得を目指してみてはいかがでしょうか。

効率良く簿記の資格取得を目指すなら、お茶の水スクール・オブ・ビジネスがおすすめです。本スクールでは、2年間のカリキュラムでビジネス力の高い経理や事務職に必要なスキル、コミュニケーションなどを学べます。充実したカリキュラムや丁寧な講師が、あなたの資格取得をサポートします。

簿記の資格に興味がある方、簿記の資格取得を目指している方は、ぜひお茶の水スクール・オブ・ビジネスの受講を検討してみてください。

オープンキャンパスページに遷移

ictビジネスコースページへ

簿記・会計コースページへ

Webマーケターになるには?なる方法や仕事内容など
経理の仕事で簿記の資格は必要?検定の種類や難易度など

オープンキャンパス

お茶スクのオープンキャンパスは、「模擬授業 (簿記・ビジネスマナー・PC実習)」が受けられる日「ワークショップ」が出来る日の2種類をご用意!
実際のキャンパスライフを体感していただけます。
さらに、将来の進路やキャリアについてのご相談も受け付けております!
お茶スクで実現する「夢」を一緒に探りましょう。お待ちしています!

オープンキャンパス2024について

オープンキャンパス予約画面に遷移

資料請求 オープンキャンパス
ご予約