スマートフォン版に切り替える

blog

流動比率って(2017.11.15)

流動(りゅうどう)比率から、何か分かるかもしれません

 

「簿記の勉強って、難しそう」って思っている人が多い。

なぜでしょう

出てくる言葉が難しいからです

「固定資産」「流動資産」「借入金」「営業利益」「経常利益」などなど

専門用語がたくさん出てくるからだと思います

言葉がわかれば、興味がわいてくる

計算は、「+-×÷」がほとんどだから

数学が得意でなくても問題なし

 

簿記を勉強すると、こんなことに役立つ

会社に入ったときに、経費や仕入れ、売り上げを理解できる!

就職したい会社の経営状態を知ることができる!

経営者になったときに、経営数値を把握でき、会社を成長させることができる!

そのほかにも、簿記の勉強で金銭感覚、正確性、細やかな気遣いが身につく。

 

たとえば、「この会社の経営状態」を知りたいと思ったときは

 

流動負債÷流動資産=流動比率

 

これを計算すれば、「会社の安全性」がわかる。

「流動(りゅうどう)比率」といって

すぐに現金化できるお金(流動資産)とすぐに支払わなければならないお金(流動負債)を比較したものが「流動比率」。

お金が多く負債が少ないほうが安全(流動比率150%以上)で、

100%以下は「自転車操業」状態である。

 

自転車はペダルをこいで車輪を回してないと倒れてしまうので、

いつもお金を回している状態の会社を「自転車操業」という。

このような会社では、慢性的な赤字であり、借りたお金を

回転させて経営を続けている。

給与の支払いを延期し、仕入先への支払を延期し、

短期の借り入れをいつも繰り返している。

 

逆に、流動比率が150%以上の会社は、安心できる。

借金に対して、現金預金など現金化できる資産が多いほど優良会社。

未来に向けて余裕をもった投資が可能だ。

 

色々な会社の流動比率を計算してみませんか、

何か分かるかもしれません。

----------------------------------------------------------------------
学校法人 お茶の水学園
専門学校お茶の水スクール・オブ・ビジネス
●スポーツショップコース  ●簿記・会計コース  ●キャリアデザインコース

資料請求 お問い合わせ

次回オープンキャンパス

83日(木) 13:00~

次回オープンキャンパス

823日(水) 13:00~

次回学校説明会

831日(木) 10:00~

次回学校説明会

910日(日) 10:00~

次回学校説明会

930日(土) 10:00~

次回学校説明会

1014日(土) 10:00~

次回学校説明会

1029日(日) 10:00~

次回学校説明会

1112日(日) 10:00~

次回学校説明会

1125日(土) 10:00~

次回学校説明会

123日(日) 10:00~

次回オープンキャンパス

1216日(土) 13:00~

次回学校説明会

120日(土) 10:00~

次回学校説明会

128日(日) 10:00~

次回学校説明会

23日(土) 10:00~

次回学校説明会

218日(日) 10:00~

次回学校説明会

317日(土) 10:00~

次回オープンキャンパス

327日(火) 13:00~

授業・資格・就職のコト何でも聞けます!